【終了】「わしをつくる,わしでつくる」(2019年)

東北工芸ことはじめワークショップ

本格的な流し漉きでつくった和紙でブックカバーを創作する全2回の連続ワークショップです。

本物の道具を使う本格的な流し漉き
手漉き和紙づくりには貯め漉きと流し漉きがありますが、流し漉きは本格的な設備や道具が無ければ出来ません。
流し漉きには工房ならではの醍醐味があります。
一方、道具の中には、その道具をつくっている職人が全国で数人というものもあり、たいへん貴重なものとなっています。

東北工芸ことはじめ
コウゾやトトトアオイ畑の観察

和紙の原料は自家栽培・無農薬・化学薬品不使用

和紙づくりの原料は、工房の庭で育てられた自家栽培・無農薬のコウゾとトロロアオイです。収穫後の下ごしらえの工程でも漂白剤や防腐剤などの化学薬品は一切使われていませんので、自然の色や風合いを存分に味わえます。

東北工芸ことはじめ
ブックカバー創作

型紙を使ったデザイン体験

ブックカバーをかけたい本とその本を選んだ理由を手がかりに、ブックカバーのデザイン案を下がき用の紙に描きます。講師とのやりとりを通して、下がきから本番へ。〇や△や□等に切り抜いた型紙を使うので、絵を描くことに苦手意識のある方でも表現することを楽しめます。

参加者募集中のワークショップはこちらから⇒

2019年の開催は終了しました。(9/29、10/27)

Share
Scroll to top