とうほくこうげいことはじめで大切にしたいことは、ものづくりの経験を親子で共有すること、本物に触れる機会をつくること、日々の暮らしの中に工芸の新たな居場所を見つけることです。
近代工芸発祥の地、仙台からご一緒しませんか?

[作品]

[ワークショップ]

Scroll to top