和紙の「水切り」

東北工芸ことはじめ

自分ですいた和紙の手触り

自分ですいた流しすきの和紙は、工房でおよそ1ヶ月間乾燥させたら"出来上がり"です。

出来上がった和紙を実際に手に取ってみると、誰もがきっと「きれい!」「気持ちいい!」「感動!」といった感情で満たされるでしょう。
そして、そのタイミングで、和紙の扱い方について知ることは、より深い理解にもつながり、触った感触と一緒に記憶に残るのではないでしょうか。

ここでは、ブックカバー創作を例に和紙のカット方法を一緒にみてみましょう。

東北工芸ことはじめ

自分ですいた和紙と相手の和紙を触る親子

和紙の「水切り」

出来上がった和紙をブックカバーにする際、本のサイズにあわせてカットする必要があります。カッターやハサミを使うことも出来ますが、「水切り」という技法を使ってみてはいかがでしょう。

手すき和紙の端っこ(「耳」と言います。)は、ホワホワッと波打っているのが特徴ですが、「水切り」でカットすることで、耳の表情を損なわない切り口になります。

<水切りの手順>

東北工芸ことはじめ

和紙を希望のサイズに折り、折り筋を水で濡らします。

 

東北工芸ことはじめ

端っこから割きます。最初だけ少し力が必要です。

 

東北工芸ことはじめ

水で濡らした折り筋に沿って割いていきます。

書店で文庫本を買うと、包装紙をブックカバーにしてくれますが、上下の余り部分を内側に折り曲げてあります。その方が破れにくいからでしょう。

一方、和紙は洋紙と比べて強度があるので、上下は切りっぱなしでも大丈夫。

「水切り」でカットするブックカバーはいかがですか?
手すき和紙ならではの仕上がりを楽しむことができますし、水切りの感触も気持ちいいですよ。

令和2年度のワークショップの申込受付はこちらから⇒

Share
Scroll to top