ひと

早川欣哉(はやかわ・きんや)

ワークショップディレクター・建築家・京都造形芸術大学 客員教授
京都工芸繊維大学大学院修了。イギリス留学、東京の設計事務所勤務を経て早川建築研究所設立。2009年から仙台暮らし。2014年から「こども芸術の村」プロジェクトの副村長として、被災地の子ども向けアートワークショップ(延べ60回以上、1,500人以上)の企画運営に携わる。2018年6月から東北工芸ことはじめの活動を開始。
*東北工芸ことはじめ運営メンバー


齋藤悠太(さいとう・ゆうた)

エディトリアルコーディネーター
大学で社会学を学び、学生時代から東京の出版社にて建築雑誌の編集に携わり、入社。担当した雑誌は「新建築」ほか。2011年から仙台暮らし。2018年6月から東北工芸ことはじめの活動を開始。旅好き、本好き。
*東北工芸ことはじめ運営メンバー


早川昌子(はやかわ・まさこ)

コミュニケーター
京都工芸繊維大学卒業。コクヨ株式会社入社3年目の時、同僚と商品開発コミュニティサイト運営の社内ベンチャーを立ち上げ、文房具や日用品の商品企画・マーケティングを経験。2009年から仙台暮らし。2018年6月から東北工芸ことはじめの活動を開始。
*東北工芸ことはじめ運営メンバー


塚原英男(つかはら・ひでお)

紙漉き職人・手すき和紙工房潮紙 代表
宮城県と山形県の県境、笹谷町の集落に工房はあります。代表の塚原さんは、2005年から仙台市沿岸部の障害者就労支援施設でコウゾを使った流し漉きの和紙を作っていたところ被災。先人の智慧を後世に伝えていきたいという思いと、持ち前の行動力で、2014年に工房を立ち上げました。
*ワークショップ「わしをつくる, わしでつくる」講師


根朋子(こん・ともこ)

グラフィックデザイナー
東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックコース卒業。広告・CI・パッケージやパンフレットなどを中心に手がけている。モットーは、“親に伝わるデザイン”。ジャンルを限定せず、コミュニケーションを楽しみながら活動中。
*ワークショップ「わしをつくる,わしでつくる」講師

Share
Scroll to top