新型コロナウィルス感染症に対する配慮について

2019年9月と10月に開催した連続ワークショップ「わしをつくる、わしでつくる」では、参加された皆さまと、楽しくて学びの多い貴重な時間を過ごすことができました。
2020年度のワークショップは、昨年参加された皆さまの感想等を参考に、ワークショップの内容充実と参加者負担の軽減の両立に加え、継続運営のしくみづくりも模索しています。

一方、国内外での新型コロナウィルスの感染拡大により、私たちの暮らしが一変してしまいました。宮城県ではGW明けに休業要請は解除となりましたが、外出自粛要請は5月31日まで続いています。
各地で開催予定だったイベントが中止や延期になる中、実は、私たちも1月頃から準備を進めていた商業施設でのワークショップが無期限延期となりました。
文化庁の事業については実施予定ですが、新型コロナウィルス感染防止策を講じる等の必要があるため、現在、運営方法等の検討を進めているところです。

オンラインのワークショップなど、新しいコンテンツの準備も進めていますので、引き続き、ウェブサイトやインスタグラムをご覧いただければ幸いです。
皆さまと一緒に東北工芸をきっかけに学びや発見を共有できればと思います。

Share
Scroll to top